淡路巡遷妙音弁財天
時は宝永、中の頃(1704年)。
現淡路市の佐野地区に城喜代(じょうきよ)さんという人がおってな、
とても重い病気を患っとったんじゃ。
こりゃどうにもならんということで、
最後の望みをかけて高野山に登り弁天さん(お軸)を授かった。
そして、お堂を建て、朝な夕なに弁天様にお祈りをしたそうな。
すると不思議なことに病気がよくなったそうじゃ。
これはありがたい。
こんなにありがたい弁天さんじゃったらぜひ淡路島民みんなにご利益をわけてあげよう、
ということで、淡路の寺々を巡ぐりまわるようになったそうじゃ。

これが淡路巡遷妙音弁財天、「まわり弁天」といわれ、
淡路の人々に親しまれる弁天さんである。

昔は、希望しても十年待ちは当たり前。
12月の奉送、奉迎大祭の時には、白装束の人たちが激しく弁天さんを奪い合ってけが人続出だったという。
そんな大盛況だったまわり弁天さんも地域の衰退からか、
近年は淡路島の2つのお寺を行ったり来たりという。
そんな中この度、我が町、
淡路島・福良にある慈眼寺が弁天さんを受け入れる事となり町は弁天モード全開。
それに、8日(土)の海上パレードには、福良の漁師が全員出動するとか!
50隻以上の大船団が鳴門海峡までパレードです(見る価値あり)

とにかく、福良では53年ぶりの大奉迎会。
まだご予定の無い方、予定が有る方も調整して、ぜひ!
淡路島の回り弁天大祭へお越し下さいませ☆

『弁天さ~ん!老いも若きも町を上げてあなた様を盛大にお迎えする次第。
ぜひともこの福良に福をぎょ~さん(沢山)持って来て下されやー!!(_∧_)』

もちろん、私も芸能の神様である弁天様に奉納させて頂きます。
&急遽MIKAWAでの出演になりました♪
12月8日(土) 淡路人形会館

その他、12月6~9日はその弁天さんイベントが目白押し!

12月6日(木) 佐野・八浄寺より弁天様を拝受し、弁天様を背負った白装束の奉迎隊が
          福良の町中の練り回ります。

12月7日(金) 迎大祭法要(大般若経六百巻奉読)法要後餅まき

12月8日(土) 出開帳
          (漁船団50隻による海上パレード、「淡路人形座」にて芸妓奉納大会)

12月9日(日) 町中奉祝大祭
          (だんじり14台が出て、ダンジリ歌奉納、参拝者に樽酒の振る舞い)

300年前から淡路全島で取り組みがあった歴史ある弁天さん。
農漁業の繁栄・商売繁盛・安産・子育の守護・学業成就・福徳長寿・芸能全般のご利益と
あらゆる福をお授けくださるとのこと。
皆さま、お誘い合わせの上、どしどし福良へお越し下さいませ(^▽^)
d0151350_18324811.jpg
着々とお迎えの準備が進む。

d0151350_1833161.jpg
53年前の奉迎大祭、若衆がわんさかいたんだなぁ。
次はいつ来るかわからない回り弁天。大いに楽しみたし!
[PR]
by mikawa-oh-taiko | 2012-12-04 18:30 | 窪田美香
女性2人組太鼓ユニット         MIKAWA 公式ブログ
by mikawa-oh-taiko
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31